TOP > 製品情報 > トクヤマイオノタイトF

トクヤマイオノタイトF

トクヤマイオノタイトFの画像>

●金属から成るインレー、アンレー、クラウン(前装冠を含む)、ブリッジ(前装ブリッジを含む)、コアと歯質の合着、接着用途に用いる接着性レジンセメント。
●歯質に効果のある接着性モノマー(リン酸モノマー)と、貴金属に効果のある接着性モノマー(MTU-6)を含有しています。
●水の影響をほとんど受けず硬化します。
●被膜厚さ:5μm(ISO4049に準じる)
●球状粒子の採用で、粉液の馴染みも良好で練和も簡単です。

(管理医療機器)認証番号21500BZZ00446000

包装

1箱=粉 20g 1個、液 6.4mL 1本、粉計量スプーン 1本、 練和紙 No.40 1冊、練和紙用スベリ止めシート 1枚

Q
適応症例を教えてください。
A

  • メタルインレー・アンレーの合着
  • メタルクラウン・ブリッジ合着
  • メタルボンド合着
  • メタルコア合着

メタルインレー・アンレー合着・メタルクラウン・ブリッジ合着、メタルボンド合着、メタルコア合着

臨床例 メタルコアの合着 クラウンの合着

メタルコアの合着にもトクヤマイオノタイトFを使用
臨床例 メタルインレーの合着
臨床例 ブリッジの合着
Q
トクヤマイオノタイトFの特長を教えてください。
A

大きな特長は以下の3点です。

  1. 無処理で高い接着力
    2種類の接着性モノマー(「リン酸モノマー(歯質への接着)」、「MTU-6(貴金属への接着)」)を含有し、特に金属に対して高い接着力を実現しました。
  2. 低感水性
    防湿が難しい臼歯部の合着や小児の治療にも適しています。
  3. 操作性を追求
    粉を採取しやすい、練和がしやすい、フローが良いのに垂れない、余剰セメントが取りやすい。
Q
1セットで何回使えますか?
A

粉計量スプーンのレギュラー側(単冠クラウン約1個分)で約134回分です。

Q
フッ素徐放性はありますか?
A

あります。

Q
X線造影性はありますか?
A

あります。エナメル質の8割程度です。

Q
理工学物性を教えてください。
A

理工学物性(*1)

操作余裕時間(23℃) 2分20秒
硬化時間(口腔内装着後)(*2) 4分
圧縮強さ(JIS T6607) 150MPa
被膜厚さ(ISO4049) 5μm

*1 弊社つくば研究所測定、標準粉液比(2.8)
*2 臨床的な有用性を考慮して、下式により算出した。

硬化時間(口腔内装着後)=JIS T6607の試験結果より設定した硬化時間)-(練和から37℃に加温するまでの時間)

Q
成分を教えてください。
A

構成品目 成分
カルシウムアルミノシリケートガラス/シリカ/BPO その他
HEMA/UDMA/リン酸モノマー/MTU-6 その他

2種類の接着性モノマー(リン酸モノマー、MTU-6)を含有しているため高い接着力を有しています。

Q
余剰セメント除去のタイミングは?
A

補綴物装着後2分前後が最も取りやすいですが、1~3分の間なら一塊で簡単に除去することができます。



余剰セメントは、先に鼓形空隙やボンティック基底面から除去します。
補綴物装着から1~3分の間

(1)鼓形空隙 ボンティック基底面 マージン部

Q
ロングスパンブリッジで余剰セメント除去が間に合わない場合はどうしたらよいですか?
A

ポンティック部分など接着させたくない箇所に、当社の分離材「トクソーレジンセパレーター」を塗布すると良いです。但し、接着面にはセパレーターが流れ込まないよう十分にご注意下さい。

Q
硬化体表面にベトつきがありますが何故ですか?
A

接着性モノマー由来の嫌気硬化特性(酸素から遮断されると硬化する)です。酸素に触れている部分は未重合となりベトつきますが、内部はしっかり硬化しております。

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?