セット構成・関連製品
Tokuyama Dental

義歯床用硬質裏装材(光硬化・粉液型)

トクヤマヒカリライナー

裏装操作における、歯科医と患者さんのストレスを低減します。

ヒカリライナー製品

アンダーカットのある顎堤や、鉤歯のアンダーカット部に
レジンが入り込んでしまって
口腔内からの取り外しが大変だった・・・

そんな経験ありませんか?

矢印

(再⽣時間:2分00秒)

製品の特長

01

ストレスの低減

線

術者(先生)のストレスを低減します。

丸

アンダーカットのある症例でも取り外しが簡単

トクヤマ ヒカリライナーは、光照射するまでゴム状のまま。
だから、アンダーカットに入り込んでも、簡単に取り外すことができます。

使い方1
丸

余裕のある操作時間

使い方2
丸

トリミングが容易

光硬化前なら、余剰部分のトリミングが容易に行えます。

※余剰レジンのトリミングを行う場合は、弾性体となっているレジンを変形させる恐れがあるので最小限にとどめてください。

使い方3
丸

患者さんのストレスも低減

口腔内での硬化発熱による刺激がありません。また、トクヤマリベースⅢ同様に低臭気・低刺激な材料です。

02

良好な混和性・流動性

線

粉末と液のなじみが良いため気泡を巻き込みにくくなっています。
静かに20 秒~ 30 秒混和することで、均一なクリーム状になります。

03

優れた機械的特性・研磨性

線

光照射後は強度と柔軟性を兼ね備えた、割れにくい物性を有しています。

グラフ1

弊社リライニング材〈化学重合型〉と比較して硬化直後から表面硬度が高く、良好な研磨性が得られます。

グラフ2

操作手順

①適合状態の確認
矢印
②リライニング面のレジンを一層削除
矢印
③接着材の塗布・乾燥
矢印
④計量⑤混和(20〜30秒⑥レジンの盛り上げ
矢印
⑦義⻭の挿⼊余剰分の除去※挿⼊は混和開始から5分以内
矢印

⑧へ

⑧筋形成、⼝腔内保持
※挿⼊から3分以上経過してから取り出す

矢印
お湯を使う場合裏装面を上に向けた床義歯をディスポアルミ箔容器内に置き、義歯全体が浸かるまで、40~60℃のお湯を入れる

or

エアーバリア材を使う場合裏装した本材全面にエアーバリア材を塗布し、裏装面を上に向けてディスポアルミ箔容器内に置く

⑨空気の遮断 ⑩最終硬化(光重合)
ポータライト以外を使⽤する場合は、エアーバリア材を使⽤すること

矢印

⑩へ

⑩最終硬化(光重合)※他の技工用重合装置を使用する場合は、あらかじめ十分に硬化する条件を確認すること
矢印
⑪形態修正・研磨
矢印
⑫適合チェック⑬水洗、完成

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?