TOP > トクヤマデンタル倶楽部セミナー > 審美補綴 > 20220522_CAD/CAMをドクター目線・テクニシャン目線で読み解く

トクヤマデンタル倶楽部審美補綴セミナー

CAD/CAMをドクター目線・テクニシャン目線で読み解く

  • 審美補綴
  • 歯科医師
  • 歯科技工士
  • 歯科衛生士
  • 歯科助手
  • 受付終了
  • 開 催:WHITE CROSS から配信
  • 会 場:Webセミナー
  • 日 時:申込み受付終了(2022年 5月 22日(日)14:00~16:00 配信)
  • 講 師:関 千俊 先生/関歯科医院(埼玉県開業)
        森 亮太 先生/㈲セラモテックシステム 代表取締役(福岡県)

 本年のセミナーは趣向を変えデジタル技工のパイオニアであるセラモテックシステム森社長とコラボレーションでのセミナーです。CAD/CAMというキーワードが臨床では日常的に使用され、多くの先生方がすでに実践されていると思われます。それに伴い、クリニックや技工所での設備導入やワークフローなどの見直しも急務になってきており、数年にわたりCAD/CAMのベーシックな部分(支台歯形成や接着など)は様々な情報で満たされてきているのではないかと思います。
 本セミナーでは、表題の通り“CAD/CAMをドクター目線・テクニシャン目線で読み解く”をテーマに、より良い補綴物を患者さ んへ提供する為に支台歯形成についてCAD/CAMを製作するテクニシャンサイドから、CAD/CAMの形態やマテリアル(保険算定可能なトクヤマデンタル社から発売されているエステライトブロックⅡならびにエステライトPブロックを中心にブロックの選択 や組成)をドクターサイドから考察していきます。
 また、実際のCAD/CAMワークフローをチェアサイド・ラボサイドから動画を交えながら紹介していきます。

セミナー内容

  • ここがPoint!

    CAD/CAM冠における支台歯形成
    ファイバーポストレジンコアの臨床テクニック
    IOSを使用してのデジタルインプレッション
    CAD/CAM用ブロックの選択及び組成
    CAD/CAM冠接着への処理及び接着
    臨床でのIOS及びFaceScanを使用しての審美補綴

講師紹介

img

関 千俊 先生

■略歴

1969 さいたま市生まれ
1993 明海大学歯学部卒業
2007 関歯科医院開設(浦和)
現在埼玉県内 3 診療所を開設
<所属学会等>
・日本口腔外科学会会員 ・日本顎顔面インプラント学会会員
・日本口腔インプラント学会会員
・日本デジタル歯科学会会員
・ケンテック
・アルファタイトインプラント  公認インストラクター
・㈱ヨシダ CAD/CAM 講師

■所属

関歯科医院 院長【埼玉県開業】

img

森 亮太 先生

■略歴

1981 大分県歯科技術専門学校卒
1981 歯科技工士免許取得
1988 歯科技工所開業
2015 ラボを北九州市小倉北区片野に移転
現在
・社団法人日本歯科技工士会会員
・日本口腔インプラント学会会員
・日本口腔インプラント学会認定歯科技工士

■所属

有限会社セラモテックシステム 代表取締役【福岡県】

受講料

    • 本セミナーの申込み受付は終了しました

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?