TOP > トクヤマデンタル倶楽部セミナー > LIVEセミナー(Web配信) > 20220407_義歯のリラインを学ぶ

トクヤマデンタル倶楽部義歯セミナー

義歯のリラインを学ぶ~軟質リラインから光硬化型リライン材まで、リラインのコツを伝授~

  • 義歯
  • 歯科医師
  • 歯科技工士
  • 歯科衛生士
  • 歯科助手
  • 受付終了
  • 開 催:Doctorbook academy から配信
  • 会 場:Webセミナー
  • 日 時:申込み受付終了(2022年 4月 7日(木)18:00~20:00 配信)
  • 講 師:上田 貴之 先生/東京歯科大学 教授

 義歯を適切に製作し、繰り返し調整を行っても、咀嚼時の疼痛を訴える症 例が散見されます。そのような症例に対し、2016年の診療報酬改定で、有床義歯内面適合法に軟質材料が新たに保険に収載されました。適切な前処置、印象採得、咬合採得および人工歯排列を行った上で、軟質リラインを応用すると、患者は今まで食べることができなかった食品を咀嚼することができるようになり、大変満足していただけます。しかし、安易に軟質リライン材を応用しただけでは、決して良好な結果は得られません。本講演では、軟質リラインの一般的な臨床術式と製作時の注意点やコツを紹介します。
 軟質リライン後の義歯の取り扱いは、従来の硬質床用材料や硬質リライン材とは異なります。軟質リラインの成功のカギは、術後管理といっても過言でありません。装着後の適合試験の方法や調整方法、術後管理の方法についても、症例を供覧しながらポイントを解説させていただきます。
 一方、直接リラインは、訪問診療や来院回数に制限のある場合などでも広く活用されています。光硬化型リライン材は、安全に利用できるリライン法と して、重要な選択肢の1つです。安全・確実に直接リラインための光硬化型リライン材(トクヤマ ヒカリライナー)の活用法についても解説したいと思い ます。

セミナー内容

  • ここがPoint!

    軟質リラインの臨床術式
    軟質リライン義歯装着後の調整方法のポイント
    軟質リライン義歯の管理法
    光硬化型リライン材(トクヤマ ヒカリライナー)の活用法

講師紹介

img

上田 貴之 先生

■略歴

1999 東京歯科大学卒業
2003 東京歯科大学大学院歯学研究科修了
2003 東京歯科大学助手
2007 東京歯科大学講師
2007 長期海外出張(スイス連邦・ベルン大学歯学部補綴科客員教授)
2010 東京歯科大学准教授
2019 東京歯科大学 老年歯科補綴学講座 教授

■所属

東京歯科大学教授

受講料

  • 本セミナーの申込み受付は終了しました

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?