TOP > トクヤマデンタル倶楽部セミナー > 審美 > 20210711_最新のコンポジットレジン修復システムとその臨床応用の実際

トクヤマデンタル倶楽部審美セミナー

最新のコンポジットレジン修復システムとその臨床応用の実際

  • 審美
  • 歯科医師
  • 申込受付中
  • 開催地:アーカイブ配信中
  • 会 場:Web配信(医院やご自宅でご視聴いただけます)
  • 日 時:8月10日までアーカイブ配信(2021年7月11日(日)14:00~16:00配信分)
  • 講 師:宮崎真至 先生/日本大学歯学部 教授

 光重合型コンポジットレジンは、可視光線による重合硬化反応の導入以来、操作性が簡便であるという理由から修復処置の主流となっている。これらの光重合型コンポジットレジン修復システムを用いて短時間のうちに確実な処置を行うためには、その特性を知るとともに臨床操作法に工夫が必要となる。すなわち、保険診療の制約の下でいかにして短時間のうちに審美性と機能とを兼ね備えた修復を行うかである。
 本講演では、大きな話題となっているコンポジットレジンを用いた歯冠修復について、接着性レジンに関する基礎的事項ならびにその臨床応用について、「接着」と「臨床テクニック」とをキーワードとして解説を加える予定である。講演では、コンポジットレジン修復に必要な理論と実践を、バランスよく理解できることを主眼として構成する予定であり、臨床に反映できる知識とテクニックが必ず身につくことを到達目標としている。とくに、テクニックに関してはライブデモという利点を生かし、臨床の場で要求される多彩な修復操作について、明日からの臨床に役立つヒントをお伝えする予定である。

セミナー内容

  • ●歯質接着の臨床的利点
    ●ユニバーサル接着システムの効果的臨床使用法
    ●コンポジットレジンの種類とその選択
    ●臼歯部コンポジットレジン修復の臨床
    ●前歯部コンポジットレジン修復の臨床
    ●デモンストレーションによる臨床実技の解説
    ●コンポジットレジン修復における色彩学
    ●臨床で必要な器材とは

講師紹介

img

宮崎真至 先生

■略歴

1987 日本大学歯学部卒業
1991 日本大学大学院修了、博士(歯学)
1991 日本大学助手(歯学部保存学教室修復学講座)
1994 米国インディアナ州立大学歯学部留学(2年間)
2003 日本大学講師(歯学部保存学教室修復学講座)
2005 日本大学教授(歯学部保存学教室修復学講座)
2014 日本大学歯学部付属歯科病院病院長(2019年まで)

■所属

日本大学歯学部 教授

受講料

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?