TOP > トクヤマデンタル倶楽部セミナー > 審美補綴 > 20210704_失敗例から学ぶ接着臨床のトラブルシューティング

トクヤマデンタル倶楽部審美補綴セミナー

LIVE配信《オンライン》失敗例から学ぶ接着臨床のトラブルシューティング~メタルフリーレストレーションを成功させる勘所~

  • 審美補綴
  • 歯科医師
  • 歯科技工士
  • 申込受付中
  • 開催地:アーカイブ配信中
  • 会 場:Web配信(医院やご自宅でご視聴いただけます)
  • 日 時:8月3日までアーカイブ配信(2021年7月4日(日)13:00~15:00配信分)
  • 講 師:須崎明 先生/ぱんだ歯科 理事長(愛知県開業)

 日々忙しい臨床の中で、患者に喜んでもらうために一生懸命努力して治療したのにも関わらず、審美性について患者の満足を得られなかったり、修復物の脱落、破折や術後疼痛を経験し、患者との信頼関係が失われてしまったことはないでしょうか。もちろん様々な病因、病態を対象とした歯科治療に対して100%完璧な治療は不可能であると思われます。しかしながら我々歯科医療従事者は良好な治療結果を求めて日々知識を蓄え、技術の向上に努力しているのだと思います。
 近年、歯科領域において歯科材料や医療機器のイノベーション(技術革新)は目覚ましいものがあります。このような流れの中で、演者はこれらを組み合わせて上手く使いこなす(ソリューション)ことで臨床的効果がより高まることを実感しています。そこで今回は失敗例を中心にその原因を考察し、その予防法や回避法さらにはトラブルシューティングの実際をイノベーション&ソリューションのコンセプトのもとで紹介したいと思います。
本講演が明日からの楽しく充実した日常臨床の一助となれば幸いです。

セミナー内容

  • ●なぜ起きるCRやインレーのマージンの褐線
    ●なぜ起きるメタルフリーレストレーションの術後疼痛
    ●ファイバーポストレジンコアとフェルール効果のバランスを再考する
    ●患者が納得するCAD/CAM冠(保険)とCAD/CAMクラウン(自費)の違い
    ●患者に「すぐ削る」と言わせない管理型う蝕治療
    ●人と人との接着を成功させるコミュニケーションテクニック
    ●【テーブルクリニック】ボンドマーライトレスからはじまる接着臨床:「見て」「聞いて」「触って」納得!

講師紹介

img

須崎明 先生

■略歴

1996 愛知学院大学歯学部歯学科卒業
2000 愛知学院大学大学院歯学研究科修了、博士(歯学)
   愛知学院大学歯学部保存修復学講座 助手
2002 愛知学院大学歯学部保存修復学講座 講師
2003 モンゴル国立健康科学大学 客員准教授
2005 愛知学院大学歯学部保存修復学講座 非常勤講師
   名古屋ユマニテク歯科衛生専門学校 非常勤講師
   ぱんだ歯科 院長
   東海歯科医療専門学校 非常勤講師
2018 医療法人ジニア ぱんだ歯科 理事長
現在 日本レーザー歯学会会員(専門医・指導医)
   日本歯科審美学会会員(認定医)

■所属

ぱんだ歯科 理事長【愛知県開業】

受講料

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?