TOP > トクヤマデンタル倶楽部セミナー > 審美(ハンズオン) > 20200405_習得しよう! 自費診療で行う前歯部ダイレクトボンディング

トクヤマデンタル倶楽部審美(ハンズオン)セミナー

習得しよう! 自費診療で行う前歯部ダイレクトボンディング

  • 審美(ハンズオン)
  • 歯科医師
  • 中止
  • 開催地:東京
  • 会 場:株式会社小川製作所(東京都台東区)
  • 日 時:2020年4月5日(日)10:00~17:00 ※昼食休憩あり
  • 講 師:大谷一紀 先生/大谷歯科クリニック 院長(東京都開業)、青山ホワイテリア(東京都)

 現代のコンポジットレジン修復(以下、ダイレクトボンディング)には2つの役割があると考える。まずは、MIの概念に則ったカリオロジー的側面における役割があげられる。FDIが提唱するMIの概念の要旨は、①う蝕に対する再石灰化、②う蝕病原性細菌の管理・予防、③歯質保存的な接着修復の優先である。そのなかで、CR修復は③における不可逆的なう蝕に対する第一の処置であり、これによって(1)健全歯質の可及的な保存が可能であり、(2)歯髄への刺激を軽減できることなどから、結果として「歯の延命」が可能になると考えている。
 次に、審美・機能性回復の役割がある。コンポジットレジンの性能が進化した現在では、ダイレクトボンディングであっても、適切な形態付与・表面性状および色の調和を達成することで高い審美性の回復を図ることが可能となっており、保険診療だけでなく自費診療で行うこともある。
 本講演は、自然感のある前歯ダイレクトボンディングを成功させるための3要素である形態・表面性状・色についてハンズオンを通じて理解を深め、翌日から自費ダイレクトボンディングを始められる手技の習得を目的としています。

セミナー内容

  • ハンズオン内容:ダイレクトベニア・ラージ クラスⅣ
    【持ち物】普段使用している拡大鏡をお持ちであればご持参ください

    -

    ●表面性状を考慮した形態修正法
    ●隣接面におけるディスクタイプインスツルメントの使用法
    ●隣接面の充填法「Pull Through Technique」
    ●色について(デンティンシェードで行う明度コントロール)
    ●シンプルな積層充填
    ●自費ダイレクトボンディングの患者へのコンサルテーション

講師紹介

img

大谷一紀 先生

■略歴

1997 日本大学歯学部卒業
1997 同歯科補綴学教室Ⅲ講座
2012 大谷歯科クリニック院長

●Esthetic Explorers 会長
●日本補綴歯科学会専門医
●日本額咬合学会認定医
●日本歯科理工学会会員

■所属

大谷歯科クリニック 院長【東京都開業】

青山ホワイテリア【東京都】

受講料

  • トクヤマデンタル倶楽部会員の方/¥50,000(税込)
    上記以外の方/¥70,000(税込)
    ※受講料には製品代(¥25,000相当)と昼食代が含まれています。
    ※倶楽部(年会費¥5,000+消費税)にご入会いただきますと、このセミナーから受講料の優待が受けられます。

会場地図

Google map で開く

これより先のページで提供しているトクヤマデンタル製品ならびにサービス等の情報は、歯科医療従事者の方を対象にしたもので、一般の方に対する情報提供ではありません。
あなたは歯科医療従事者ですか?