MENU

トクヤマデンタルの製品ができるまで

トクヤマデンタルの製品ができるまでの仕事の流れを紹介します。

開発コンセプト

Development concept

「世界一の開発力と提案力で、顧客に感動を与える歯科器材システム」


―企業ビジョンにも掲げるこの言葉が、開発コンセプトです。
新製品の開発は、既存製品の改良、新規製品の開発があります。
ユーザーからの顕在化されたニーズ、歯科業界・治療のトレンドから潜在的なウォンツを探ります。
それらニーズ・ウォンツとトクヤマデンタルが持つ技術や開発力を組み合わせることで、
どのような製品(価値)が提供できるかを考えぬき、開発コンセプトを決定します。

研究開発

Research and Development

開発コンセプト、歯科材料としての要求を達成するための技術的なアプローチを考え、研究員が日々検討を行っています。
具体的な検討内容は、基礎技術の研究、製品組成の検討、新しい術式やユニークな容器の検討等、実に多岐にわたっています。
これら検討の中で得られた技術やアイディアは、知的財産として権利化します。

薬事申請

Regular application

私たちの取り扱う歯科材料を販売するためには、厚生労働省の認可が必要です。
そのため、薬事申請業務を薬務グループを中心とし各部署が連携して行います。

製造

Manufacture

開発品のスケールアップを行い、製品を最も効率的に製造できる方法や技術を考え、
製造工程の決定と、製造装置の選定・導入し、製品を製造します。
営業より出されたオーダーに対して月ごとに製造量を計算し、計画的に生産します。
生産された製品は品管検査を通過した後、出荷されます。
また、製造工程内でトラブルが発生した際は技術グループや品質管理グループ、品質保証グループが対応します。

販売

Sale

マーケティングにより、製品の販売目標、どのエリアで、どのくらい販売していくのか全体の計画を立てます。
また、取引先のディーラーと商談、製品等の企画提案をすることで間接的に製品を歯科医院へ販売します。
時にはディーラーと同行することで、歯科医院の先生方へ直接製品の説明をすることもあります。